スポンサーサイト

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

34階建てコンドミニアム2015年に完成予定

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 26.2012 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
ミャンマーで一番高い建物となる34階建てのコンドミニアムがインヤレーイク湖畔に建設されるという。マンダレー・ゴールデン・ウィング建設が6千万米ドルで2015年の完成を目指し建設する。建物の名前はダイヤモンド・インヤー・コンドー。2エーカーを超える政府払い下げの空き地に来月11月初めから建設を始めるらしい。

部屋数は406室、560台分の駐車場、居住者用のサービスフロア、ミニシアター、屋外グラウンド、プール、ジム、ミニマーケットなどを備える。

部屋の多くは3千平方フィート(約280㎡)の4ベッドルームで、一番狭い1ベッドルームの部屋でも850平方フィート(約80㎡)ある。最上階には1室1万平方フィート(約930㎡)の広さのペントハウスを4部屋作るとのこと。

このコンドミニアムの所有者は国内資本とのことで、販売先は国内外。L字型に3棟連結させた建物はタイ資本のProcess Myanmarグループがデザインしたもの。建築の品質に関してはタイのAIT大学の専門家が協力する。

部屋の販売は11月1日から。銀行借入での購入も可能にする予定だそうだ。

現在のところミャンマーで一番高い建物はビル、ホテル含めて22階建てとのこと。(10月25日付ミャンマータイムズ、ミャンマー語版)
スポンサーサイト

工業団地の廃棄物

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 22.2012 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
このところミャンマーのメディアや日常会話で規則や規律、マナーといった言葉をよく耳にする。発展するには国民にそれらが備わっていなければならないということのようだ。

工業団地のゴミ廃棄についても同様で、工業団地で定められている規則に従わない工場はライセンスを取り上げることにまで発展するようだ。工業団地では大気汚染物質、水質汚染物質、土壌汚染物質の三種類に分けて廃棄物検査をしている。

ヤンゴン管区の工業団地は合計24ヶ所あり、そこで操業している工場は3,562工場ある。それらで出る廃棄物は1日に109.4トン。ヤンゴン市発展委員会はこれまで83工場を検査したとのことだ。(10月21日付Myanmar Ahlin)

携帯のインターネット接続

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 14.2012 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
ここ数ヶ月のことだが、携帯のインターネット接続がかなり良くなった。数ヶ月前までは、インターネットに接続できないことが多かったり途中で切れたが、今は繋がらないことがなくなった。スピードも若干速くなったように感じる。

何週間か前だったかにビルの屋上に携帯電話用アンテナを設置しているというニュースがあったので、その恩恵なのだろうか。恐らくヤンゴン市内でも場所によって接続の良し悪しはあると思われるが、幸い私のネット接続環境はかなり改善した。ただ、容量の大きいWEBサイトは表示にかなり時間が掛るのは以前と変わらない。

携帯電話のインターネット回線の接続が良くなると、パソコンを携帯に繋いでインターネット接続したりファイルを送ることができるようになるので、仕事の場所を選ばなくなる。

ミャンマーのネット環境は一気に便利になりつつある。数年前では考えられなかったことだ。

モバイルバンキング時代到来

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 09.2012 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
10月7日付の国営紙Myanmar Ahlinによると2013年中に携帯電話で銀行送金などの銀行手続きや買物ができるようになるそうだ。このサービスを進めているのは国内銀行のコーポレティブ銀行で、MasterやVisaカードも使えるよう現在テスト中とのこと。

ミャンマーに銀行ATMが本格導入され、デビットカードが使えるようになったのは今年のことだ。それが来年には携帯で銀行送金までできるようになる。これまで現金主義で札束を持ち歩いていた時代から、いきなりモバイルバンキング時代に突入するようだ。

日本では先ずパソコンバンキングから始まり、モバイルバンキングに移行していったと思うが、ミャンマーのインターネット環境はパソコンのADSL回線よりも携帯のインターネット回線の方が速くてつながりやすい。そういう背景もあって、パソコンバンキングはすっ飛ばしていきなりモバイルバンキングから導入するのであろう。

このようなすっ飛ばし現象は至るところで目にする。スマートフォンもそうだ。日本ではまだまだ折りたたみ式の携帯電話を持っている人も多いが、ミャンマーではスマホが主流だ。初めて持つ携帯がいきなりスマホだ。

もちろん社会全体がこの変化についてこれるとは思わないが、新しい物好きのミャンマー人、特にIT分野は若者を中心にキャッチアップが早い。数年先のミャンマーはどうなっているか楽しみだ。

プロフィール

浅井 美衣(あさい みえ)

Author:浅井 美衣(あさい みえ)

1998年大阪外国語大学大学院ビルマ語修士課程を修了後、ミャンマー駐在や起業、その他ビジネスを経て、現在はミャンマーを専門にコンサルティングや執筆活動中

※ 著書※
『食べて旅するミャンマー語』
『ミャンマー語口語文法』
『ビジネスと生活のミャンマー語』
上記3点はamazonと以下の書店で購入できます
ジュンク堂書店 三宮店池袋本店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
山内書店(東京:神保町)

ミャンマーでの購入はこちらでご確認ください

『旅の指さし会話帳44ミャンマー』
こちらは全国の書店で購入できます

『ビジネスと生活の使えるミャンマー語』の音声データはDLmarketで購入できます
音声データ(mp3)販売サイトへ


お問い合わせはこちら

ミャンマーのホテル予約

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。