スポンサーサイト

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマーのピュー古代都市が世界遺産リストに記載

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 03.2014 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
先月、ドーハで行われたユネスコ会議で、日本の富岡製糸場が世界遺産リストに記載されたが、ミャンマーも世界遺産リストへの記載を果たしている(UNESCOのHPへ)。今回の世界遺産リスト記載はミャンマーにとって初めてのものだ。ちなみに観光で有名なバガン遺跡は世界遺産リストには掲載されていない。

ピュー時代はそのバガン時代より前の時代で紀元1千年紀にピュー族によって栄えた時代とされている。場所はエーヤーワディー河流域の都市であるハリン、ベイタノー、タイェーキッタヤーに遺跡が残されており、今回のリストにこの3都市が記載された。ちなみにタイェーキッタヤーは現地名称に近い呼び方だが、世界遺産リストにはSri Ksetraとパーリ語と思われる呼び名で記載されている。

ピュー族やピュー時代についてはまだ知られていないことも多いが、独自のピュー文字をもち、現在のビルマ族やモン族とは異なる民族とされている。

今回、世界遺産リストに掲載されたことで、観光として訪れる機会も増えることだろう。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://myanmarinfo.blog.fc2.com/tb.php/120-f1d535f9

プロフィール

浅井 美衣(あさい みえ)

Author:浅井 美衣(あさい みえ)

1998年大阪外国語大学大学院ビルマ語修士課程を修了後、ミャンマー駐在や起業、その他ビジネスを経て、現在はミャンマーを専門にコンサルティングや執筆活動中

※ 著書※
『食べて旅するミャンマー語』
『ミャンマー語口語文法』
『ビジネスと生活のミャンマー語』
上記3点はamazonと以下の書店で購入できます
ジュンク堂書店 三宮店池袋本店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
山内書店(東京:神保町)

ミャンマーでの購入はこちらでご確認ください

『旅の指さし会話帳44ミャンマー』
こちらは全国の書店で購入できます

『ビジネスと生活の使えるミャンマー語』の音声データはDLmarketで購入できます
音声データ(mp3)販売サイトへ


お問い合わせはこちら

ミャンマーのホテル予約

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。