スポンサーサイト

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマーの交通:バスとタクシー

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 24.2012 ミャンマーってどんな国? 0 comments 0 trackback
ミャンマーは車社会だ。ヤンゴン市内には環状線も走っており、ヤンゴンから中部の商都マンダレーや仏教遺跡で有名なバガンに行く長距離列車などもあるが、市民の足はもっぱらバスだ。バスは近距離、長距離とも便が多く、路線も多い。

ヤンゴン市内を走るバスは、かつてはピックアップトラックの荷台を改造したものや古くてボロボロの大型バスに、ぶら下がらんばかりに人が大勢乗っているものしかなかった。僧侶や女性、年寄り子供は中の方に入れてくれ、座らせてもくれるが、乗るのも降りるのも人が多くて大変だった。しかし最近は快適なバスもある。「Aircon Bus」は何年か前に登場し、それほど人を詰め込まないので、たいていは座れるし、乗り降りも楽だ。料金も他と比べて割高とはいえ200チャット(20円)ほどだ。

50pcCIMG0510.jpg

古い車両は昨年から実施している政策により徐々に新しい車両に入れ替わっているので、いつ壊れてもおかしくないような古いバスはだんだん姿を消し、快適さも向上すると思われる。

経済的で快適な「Aircon Bus」バスだが、外国人にとって困ったことに、車体の行き先表示はミャンマー語で書かれている。路線を示す数字も丸っこいミャンマー文字で書かれている。なのになぜか「Aircon Bus」だけが英語だ。そもそもバスに外国人が乗ることを想定していないから、英語で書かれた路線表や、車内案内といった類のものもない。バスがバス停に止まると待っている人に向かって車掌が行き先を叫び、車内では車掌が次のバス停を告げるだけだ。そこで拙著『旅の指さし会話帳44ミャンマー』の出番だ。親切なミャンマー人のこと、誰かにどれに乗ればよいかを尋ねれば教えてくれるし、車掌に降りたい場所を告げると降りるバス停で教えてくれる。

そんなタフな移動はしたくないならタクシーだが、ミャンマーでは乗る前に金額交渉が必要だ。近ごろはメータータクシーも出てきたが、実際にメーターを使っていないことも多く、結局は交渉が必要となる(やはり拙著の出番!)。だいたいの距離や相場が分からないと交渉しにくいので、現地の方に参考金額を聞いておくことをお勧めする。タクシーのドライバーはこっちが外国人で土地勘がないと思うと少し吹っかけてくることも多い。とはいってもバカ高く吹っかけてくるわけではないので、その金額でいいならそれもよし。相場の金額でちょっと交渉してみたいなら交渉するもよしだ。

何れにしろ、自分で移動するにはミャンマーの方と会話することになる。それもまたミャンマー旅行の楽しいところだ。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://myanmarinfo.blog.fc2.com/tb.php/13-13c07fde

プロフィール

浅井 美衣(あさい みえ)

Author:浅井 美衣(あさい みえ)

1998年大阪外国語大学大学院ビルマ語修士課程を修了後、ミャンマー駐在や起業、その他ビジネスを経て、現在はミャンマーを専門にコンサルティングや執筆活動中

※ 著書※
『食べて旅するミャンマー語』
『ミャンマー語口語文法』
『ビジネスと生活のミャンマー語』
上記3点はamazonと以下の書店で購入できます
ジュンク堂書店 三宮店池袋本店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
山内書店(東京:神保町)

ミャンマーでの購入はこちらでご確認ください

『旅の指さし会話帳44ミャンマー』
こちらは全国の書店で購入できます

『ビジネスと生活の使えるミャンマー語』の音声データはDLmarketで購入できます
音声データ(mp3)販売サイトへ


お問い合わせはこちら

ミャンマーのホテル予約

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。