スポンサーサイト

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリン車より天然ガス車

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 30.2014 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
ミャンマーは天然ガスを産出し輸出品目の中で天然ガスは大きな位置を占めているが、逆にガソリンなど石油製品は輸入に頼っている。ミャンマーを走る自動車の多くは日本からの中古車で、殆どがガソリン車かディーゼル車である。輸入品であるガソリンの価格はミャンマーの物価水準に比べて割高であるため、燃料消費が多い場合は自家用・商用問わず、ガソリン車から天然ガス車に改造する傾向がある。

9月30日付Myanma Alinnによると、現在登録されている天然ガス自動車は27,000台以上あるという。そのうちバスが2013年時点で289台とのこと。天然自動車向け天然ガスは1日につき約21百万立方フィートが販売されており、販売店数はミャンマー全土で45店、内訳はヤンゴン管区で40店、マンダレー5店とのことだ。

エーラーワディー管区にある天然ガス田から、天然ガスをさらに日産5百万立方フィート産出できるとしてヤンゴンに販売店をもう1店増やす計画を立てており、調査・検討しているという。

現在の天然ガス価格は1kgあたり約273チャット(約30円)とのこと。ちなみにガソリン価格は円換算で100円/L前後ぐらいの水準だ。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://myanmarinfo.blog.fc2.com/tb.php/133-896e1dbf

プロフィール

浅井 美衣(あさい みえ)

Author:浅井 美衣(あさい みえ)

1998年大阪外国語大学大学院ビルマ語修士課程を修了後、ミャンマー駐在や起業、その他ビジネスを経て、現在はミャンマーを専門にコンサルティングや執筆活動中

※ 著書※
『食べて旅するミャンマー語』
『ミャンマー語口語文法』
『ビジネスと生活のミャンマー語』
上記3点はamazonと以下の書店で購入できます
ジュンク堂書店 三宮店池袋本店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
山内書店(東京:神保町)

ミャンマーでの購入はこちらでご確認ください

『旅の指さし会話帳44ミャンマー』
こちらは全国の書店で購入できます

『ビジネスと生活の使えるミャンマー語』の音声データはDLmarketで購入できます
音声データ(mp3)販売サイトへ


お問い合わせはこちら

ミャンマーのホテル予約

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。