スポンサーサイト

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンゴン、携帯電話の利用者増で公衆電話を廃止する方向へ

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 23.2014 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
ミャンマーの公衆電話は有人で、人が通話時間を計って料金を徴収するシステムだ。国が設置している公衆電話と商店などの店先に電話を置いたり、アパートの階段下などで開いている民間の電話屋がある。

11月23日付Myanma Alinnによると、ヤンゴンにおいて国は過去約5年間にバス停や市場、学校、病院など人が多く集まる場所に公衆電話を設置してきたが、近年の携帯電話の急速な普及によって、公衆電話の利用者が激減しているため、廃止する方向へ進んでいるという。ただし通信事情の悪い地域は公衆電話の運営を継続するとのこと。

携帯電話は外資オペレーターの参入によって利用者数がヤンゴン市内で2百万人以上増加し、国内では現在、15百万人を越えているとのことだ。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://myanmarinfo.blog.fc2.com/tb.php/139-195dbe29

プロフィール

浅井 美衣(あさい みえ)

Author:浅井 美衣(あさい みえ)

1998年大阪外国語大学大学院ビルマ語修士課程を修了後、ミャンマー駐在や起業、その他ビジネスを経て、現在はミャンマーを専門にコンサルティングや執筆活動中

※ 著書※
『食べて旅するミャンマー語』
『ミャンマー語口語文法』
『ビジネスと生活のミャンマー語』
上記3点はamazonと以下の書店で購入できます
ジュンク堂書店 三宮店池袋本店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
山内書店(東京:神保町)

ミャンマーでの購入はこちらでご確認ください

『旅の指さし会話帳44ミャンマー』
こちらは全国の書店で購入できます

『ビジネスと生活の使えるミャンマー語』の音声データはDLmarketで購入できます
音声データ(mp3)販売サイトへ


お問い合わせはこちら

ミャンマーのホテル予約

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。