スポンサーサイト

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンゴンのゴミ事情

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 30.2012 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
今年の4月1日からヤンゴン市では家庭から出る一般廃棄物について分別収集を始めている。方法は乾いたゴミと湿った(水分を含む)ゴミに分け、それぞれ決った色のゴミ袋に入れて収集場所に捨てるというもの。それぞれに色付けされたゴミ袋は有料だ。この分別収集方法が始まって2ヶ月ほど経ったが、状況が伺える記事が国営紙(Myanmar Ahlin、ミャンマー語版)5月29日付に載っていた。

環境維持・清掃局がメディアに説明したところによると、色付けされたゴミ袋で乾いたゴミと湿ったゴミに分別廃棄するシステムは期待以上に上手く行っているとのこと。

収集場所に正しく分別袋に入れて捨てられるゴミは徐々に増えてきており、4月30日においては924回の収集のうち、正しく分別された袋が含まれていたのが70回(7.57%)だったのが、5月24日には28.52%になったそうだ。

但し、ゴミ袋の料金を負担に思い、繁華街のゴミ収集場所や少し離れた場所へ清掃時に捨てに来る人、他人の家の前に夜人気のないときに捨てる人、裏路地や溝に捨てる人がいることも認めている。

ある住民は、このシステムになってゴミが以前より3分の1に減り、減った分はゴミ袋を買いたくない人が人気のないところに捨てたり、3、4日溜めて袋を一杯にしてから捨てているからだと話している。

また、このようにゴミが投棄されると雨季になって溝が詰まり、ネズミやハエが発生する。ゴミ収集場所ひとつだけをとって上手く行っているとは言えないと指摘する声も載せている。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://myanmarinfo.blog.fc2.com/tb.php/16-f4184af6

プロフィール

浅井 美衣(あさい みえ)

Author:浅井 美衣(あさい みえ)

1998年大阪外国語大学大学院ビルマ語修士課程を修了後、ミャンマー駐在や起業、その他ビジネスを経て、現在はミャンマーを専門にコンサルティングや執筆活動中

※ 著書※
『食べて旅するミャンマー語』
『ミャンマー語口語文法』
『ビジネスと生活のミャンマー語』
上記3点はamazonと以下の書店で購入できます
ジュンク堂書店 三宮店池袋本店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
山内書店(東京:神保町)

ミャンマーでの購入はこちらでご確認ください

『旅の指さし会話帳44ミャンマー』
こちらは全国の書店で購入できます

『ビジネスと生活の使えるミャンマー語』の音声データはDLmarketで購入できます
音声データ(mp3)販売サイトへ


お問い合わせはこちら

ミャンマーのホテル予約

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。