スポンサーサイト

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾季最後の時期、水不足続く

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 04.2013 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
ミャンマーの季節は乾季と雨季に大きく分かれる。乾季の前半は涼季で後半は暑季だ。つまり乾季で川の水や井戸が干上がるころに最も暑い時期を迎える。今がその暑季である。

場所によっては日中、40度を越えるところもあり、当然のことながら毎年この時期になると水不足が起きる。新聞紙上でも毎日のように水不足を伝え、政府や民間有志からの無償給水が行われている。

5月4日付のMyanma Alinnによると、水不足の地域は特に暑い内陸地域(ザガイン管区、マグェー管区、マンダレー管区)で8,042村、その他の州と管区で15,183村あるとのこと。合計で約2万3千村にも上る。

また電力は水力発電に頼っているため、この時期は一年で最も停電が多い。やっとこのごろ雨の予報が出るようになってきたが、水不足を解消するほどにはまだ至っていない。毎日どしゃ降りが続く雨季は鬱陶しいが、この時期だけは雨季が待ち遠しい。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://myanmarinfo.blog.fc2.com/tb.php/76-68fd6917

プロフィール

浅井 美衣(あさい みえ)

Author:浅井 美衣(あさい みえ)

1998年大阪外国語大学大学院ビルマ語修士課程を修了後、ミャンマー駐在や起業、その他ビジネスを経て、現在はミャンマーを専門にコンサルティングや執筆活動中

※ 著書※
『食べて旅するミャンマー語』
『ミャンマー語口語文法』
『ビジネスと生活のミャンマー語』
上記3点はamazonと以下の書店で購入できます
ジュンク堂書店 三宮店池袋本店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
山内書店(東京:神保町)

ミャンマーでの購入はこちらでご確認ください

『旅の指さし会話帳44ミャンマー』
こちらは全国の書店で購入できます

『ビジネスと生活の使えるミャンマー語』の音声データはDLmarketで購入できます
音声データ(mp3)販売サイトへ


お問い合わせはこちら

ミャンマーのホテル予約

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。