スポンサーサイト

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月4日のテインセイン大統領の国民向けラジオ演説

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 05.2013 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
アメリカへの公式訪問時に現在行っている改革をまだ信じられないという人々に会ったという内容から始まり、この改革を成功させるためにはミャンマーが国際社会に加わって関係を持つことが重要であると述べた。また日本の総理訪問に触れ、日本の援助・協力により双方とも利益を得ることができるだろうと言及した。

次に現在の改革について国民に伝えたいと訴えかけ、経済のシステム・組織改革、農業従事者への小規模融資、全政治犯の釈放、(宗教)衝突の沈静化の継続、サイクロンなど自然災害への備え、カチン族KIOとの和平協定について述べた。

一般のミャンマー人と話していると、みなそれぞれ現政権にある程度の懐疑心は持っている。長年続いた政治への不信感が根強いのと、市民が直接接する末端の役人たちまで改革が行き渡らず旧来の悪習が残っていること、富裕層でない一般市民はまだ変革の利益を享受できていないことなどが主な理由のように感じる。しかし、これから良くなると希望を語る人は多い。

国を大きく改革するには時間がかかる。改革には国民の協力も必要で、協力を得るには信頼が必要だ。ミャンマーが国際的に認められるということは経済的利益だけでなく国民から信頼を得るという意味が大きい。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://myanmarinfo.blog.fc2.com/tb.php/80-fd451a87

プロフィール

浅井 美衣(あさい みえ)

Author:浅井 美衣(あさい みえ)

1998年大阪外国語大学大学院ビルマ語修士課程を修了後、ミャンマー駐在や起業、その他ビジネスを経て、現在はミャンマーを専門にコンサルティングや執筆活動中

※ 著書※
『食べて旅するミャンマー語』
『ミャンマー語口語文法』
『ビジネスと生活のミャンマー語』
上記3点はamazonと以下の書店で購入できます
ジュンク堂書店 三宮店池袋本店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
山内書店(東京:神保町)

ミャンマーでの購入はこちらでご確認ください

『旅の指さし会話帳44ミャンマー』
こちらは全国の書店で購入できます

『ビジネスと生活の使えるミャンマー語』の音声データはDLmarketで購入できます
音声データ(mp3)販売サイトへ


お問い合わせはこちら

ミャンマーのホテル予約

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。