スポンサーサイト

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空港で商用ビザの取得が可能に

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 14.2012 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
ミャンマータイムズ(インターネット、ミャンマー語版)5月11日付によると、6月1日より商用目的でミャンマーに入国する人に対し商用のアライバル・ビザを発行すると、入国管理人口省大臣から発表があったそうだ。商用のアライバル・ビザの取得は40米ドルで、70日間の滞在が可能とのこと。

商用ビザの滞在日数は現在と変わりないが、空港で商用ビザを取得できるとなると格段に便利になる。ミャンマーとしては商用ビザ取得を便利にし、投資やビジネス客を呼び込みたい意向だろう。アライバル・ビザは以前からあるにはあったが、取得条件に制限があり、度々中止や変更されたりで、日本からミャンマーを訪れる際は日本のミャンマー大使館で事前にビザを取得してから渡航することになっていた。東京品川の大使館に訪れて手続きをすると数日で取れるが、郵送となると10日ほども掛る。それが、空港に到着してから取得できるのはありがたい。また、手続き費用も商用のシングルで現在4,500円かかるところが40米ドルとなるので、現在の為替レートだと安くなる。

記事によると、商用ビザに続いて順次、観光ビザ、その他のビザもアライバル・ビザにするとある。まず第一段階として、商用のアライバル・ビザを早急に進め、投資家、大使館のある国、政治問題がなく、その他安全と思われる場合、許可する。また第二段階では、オンラインでビザを発行するとある。

ミャンマー大使館のウェブサイトにはまだ何も出ていないため、具体的な申請書類や詳細は分からないが、6月1日以降に入国される方は確認の必要がある。

今回、商用ビザの取得が便利になってありがたいが、更なる希望をいえば日本人のビザなし渡航を認めてほしい。段階を踏んでからということだろうか。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://myanmarinfo.blog.fc2.com/tb.php/9-88d89beb

プロフィール

浅井 美衣(あさい みえ)

Author:浅井 美衣(あさい みえ)

1998年大阪外国語大学大学院ビルマ語修士課程を修了後、ミャンマー駐在や起業、その他ビジネスを経て、現在はミャンマーを専門にコンサルティングや執筆活動中

※ 著書※
『食べて旅するミャンマー語』
『ミャンマー語口語文法』
『ビジネスと生活のミャンマー語』
上記3点はamazonと以下の書店で購入できます
ジュンク堂書店 三宮店池袋本店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
山内書店(東京:神保町)

ミャンマーでの購入はこちらでご確認ください

『旅の指さし会話帳44ミャンマー』
こちらは全国の書店で購入できます

『ビジネスと生活の使えるミャンマー語』の音声データはDLmarketで購入できます
音声データ(mp3)販売サイトへ


お問い合わせはこちら

ミャンマーのホテル予約

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。