スポンサーサイト

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞、ジャーナル紙上における酒類広告の掲載を自粛要請

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 20.2015 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
10月20日付Myanma Alinnによるとミャンマー情報省、著作権・特許登録局は酒類の広告が若者のモラルを侵害するとして、酒類広告を掲載している新聞とジャーナル紙の責任者等を呼び、紙上に酒・ビール等の広告を掲載しないよう国家の見解として遵守するよう要請したという。

ミャンマーにはお酒を飲む場所も数多くあるが、仏教的な観点から飲酒は良くないという考え方が古くから根付いている。お酒に慣れていないせいか、ふだん温厚なミャンマー人もお酒が入ると途端に羽目をはずしたり、喧嘩に発展したりと、飲酒が絡むトラブルや事故も多い。また女性の飲酒は男性よりさらに良くないとされ、妻がお酒を飲んで帰ってきて夫と口論になり、夫が妻を刺したというニュースもよく耳にする。しかし、お酒の広告は大々的にされているのが実情で、それを抑制しようというものだ。

ヤンゴン市でゴミ焼却発電施設の建設事業が開始

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 12.2015 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
2015年10月12日付Myanma Alinnによると、ヤンゴン市開発委員会とJFEエンジニアリングが協力して、ゴミから発電を行うゴミ焼却発電施設を建設する事業計画が進んでいるとのこと。これは、日本の環境省による途上国援助(2013-14年度)の一環で、建設には16.2百万米ドルの費用を投じ、2015年10月から開始して2017年3月に完成する予定だ。完成すればミャンマーで初のゴミ焼却発電施設となる。

そのゴミ焼却発電施設は1日あたり60トンのゴミを焼却し、700メガワットの電力を発電する能力があるとのことで、300メガワットは国内電力網で使用し、残り400メガワットはこの施設内で使用するとのこと。ヤンゴン市内では現在、1日あたり160トン以上のゴミが発生しているという。

Adidasシューズを年間1千万足生産する工場がヤンゴンで操業開始

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 08.2015 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
2015年10月8日付Myanma Alinnによると、Myanmar Pou Chen Co., Ltd. のAdidasシューズ工場が7日ヤンゴンの工業地域で操業開始式を開催した。当該企業の親会社は台北を拠点とし、中国本土、香港、インドネシア、ベトナム、カンボジア、バングラデシュ、アメリカ、メキシコに工場を持ち、世界的に有名なAdidasやNike、Reebook、New Balance、Puma などのブランドシューズを生産している企業のひとつだ。

このたび操業を開始した工場ではAdidasシューズを年間1千万足生産するという。投資規模は7千5百万米ドルほどで、従業員は始め約650人からスタートし、業績によって1万人程度に増やす予定とのこと。

ミャンマーの水害と援助の様子

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 02.2015 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
今年8~9月はミャンマー全土で大雨による河川の水位が上昇し各地で洪水が発生した。現在もなお被害は続いており、更なる洪水の危険も続いている。ヤンゴン市内も例外ではなく、ヤンゴン川の水位上昇で冠水するところが相次いでいる。そういう状況のためMyanma Alinnでは被害者の救援や、被害地域の復旧活動、援助や寄付の様子が連日報道されている。

援助や寄付に関して日本と違いを感じるのは、ミャンマーは農業国のため農業に関するものが多いことだ。ミャンマーは米の二期作を行っているが、この時期に栽培する雨季米の種籾や苗を援助し、被害を受けた農地を再び耕して田植えするなど迅速に行っている様子が伺える。また、最近は機械化されてきたとはいえ、農耕に牛を使っているところも多く、牛などの家畜の餌を援助する様子もミャンマーならではだ。もちろん機械で耕すなどの援助を行っている様子もよく目にする。

また、家を失った被災者への住宅供給のために政府が援助を募っている方法は日本と少し違う。新聞紙上に住宅のプランや各種建材の必要量、金額を示し、寄付を募っている。恐らく寄付するのはお金でも建材でも、建築作業でもよいのだろう。お金だけ渡して何に使われたか分からない方法ではなく、目的を明確に示して寄付を募っている様子が見て取れる。

ところで、海外からの援助でMyanma Alinnの新聞紙上で目を引くのは中国だ。もちろん日本政府や団体もJICAなどを通じて緊急援助を行っているが、どうも影が薄い印象だ。金額や規模など内容を詳しく比較してはいないが、中国は新聞紙上の扱いも大きく、当初から官民で頻繁に援助を行っている様子が伺える。ミャンマーでは新聞で大きく扱い、良いように書いてもらうには新聞社に「お礼」が必要なので、あくまでも新聞を見た印象だが。

『食べて旅するミャンマー語』一部書店にて販売中

Posted by 浅井 美衣(あさい みえ) on 07.2015 ビジネス・経済・社会 0 comments 0 trackback
新刊『食べて旅するミャンマー語』は前著とともに Amazon.co.jp のほか、以下の書店でも販売されていますので、お近くの方はご利用ください。

関西: ジュンク堂書店 三宮店(センター街)
     MARUZEN & ジュンク堂書店 梅田店(茶屋町)

関東: ジュンク堂書店 池袋本店 (*店頭に並ぶまであと数日を要します)
     内山書店(神保町)

また、Amazon.co.jp での在庫が不足しがちですので、「新品の出品」のほうもご利用ください。

プロフィール

浅井 美衣(あさい みえ)

Author:浅井 美衣(あさい みえ)

1998年大阪外国語大学大学院ビルマ語修士課程を修了後、ミャンマー駐在や起業、その他ビジネスを経て、現在はミャンマーを専門にコンサルティングや執筆活動中

※ 著書※
『食べて旅するミャンマー語』
『ミャンマー語口語文法』
『ビジネスと生活のミャンマー語』
上記3点はamazonと以下の書店で購入できます
ジュンク堂書店 三宮店池袋本店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
山内書店(東京:神保町)

ミャンマーでの購入はこちらでご確認ください

『旅の指さし会話帳44ミャンマー』
こちらは全国の書店で購入できます

『ビジネスと生活の使えるミャンマー語』の音声データはDLmarketで購入できます
音声データ(mp3)販売サイトへ


お問い合わせはこちら

ミャンマーのホテル予約

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。